さくらこルーム

アレルギーのある息子たち(中3・小2)の子育て

進研ゼミのエベレス(EVERES)中学講座とスタディサプリ(スタサプ)を実際に受講してみての比較

f:id:sakurakoman:20190127171208p:plain

こんにちは、さくらこです。

長男(現在中2)が進研ゼミだけで家庭学習をしているときには悩みがありました。

まずは進研ゼミだけでは強制力がないということ。

塾へ行った方が強制力があるので週に何時間とか決まった時間は必ず勉強できるんじゃないの?と思っていました。

次に進研ゼミだけでは講義が充実していないので内容の理解度が低い気がするということ。

講義を受けていないから、予習的な学習ができない。

つまり、まだ学校で授業が進んでいないところの問題を進研ゼミで解いても全然理解していない感じでした。

そして、塾に行けば入試で求められるようなテクニックや必勝法などを講義の中で教えてもらえるのではないか?ということ。

これらの問題を解消するために自宅にいながら塾のような講義の受けられる進研ゼミ中学講座の有料オプション講座である「エベレス(EVERES)中学講座」とリクルートの映像教材の「スタディサプリ(スタサプ)」を受講しました。

自宅で塾のような授業が受けられることに重点をおいた教材のエベレスとスタディサプリ。

どちらにするか迷う方もいると思うので比較してみました。

長男の受講期間はエベレスが中1の9月から中2の4月までの8か月。スタディサプリは中2の4月から現在も受講中の10か月です。

※感想はあくまで個人の意見です。

 

強制力の比較

エベレス

エベレスはあらかじめ週2回、都合の良い曜日と時間を決めておきます。

授業を受ける前に予習ムービーと理解度チェックを受けると受講するクラスが決められます。

あとは時間になったらライブで1回約40分の授業を受けるというシステムです。

曜日と時間を決めておけばあとは受講するだけなので、塾に近い感覚です。

ライブで受けれなかった場合はあとから録画ムービーを見ることができます。

スタディサプリ

小4~高3までの授業を見放題です。見放題なので特に時間的拘束力はありません。

いつどの教科をどれだけ見るというのは自分で決めます。

スタディサプリの中でスケジュールを立てる画面がありますが、曜日ごとに何の教科を受けるかということを決めるだけのシンプルなものです。

両方受講してみての比較と感想

強制力としてはエベレスの方があります。

エベレスは受講する講義と曜日と時間が決まっているので時間になったらその講義を受ければよいのでスケジュールを自分で組む必要がありません。

一方、スタディサプリは自分でどの講義を受けるか決めなければならならないので、スケジュールを自分でたてる必要があります。

スタディサプリでは何曜日に何の教科を受けるか決めておきましたが、長男の場合は何講義目を受けるか迷ったりでなかなか思うようにはすすめられませんでした。

スタディサプリでもエベレスのように何曜日の何時から何の教科の何講義目を受けるとあらかじめ計画をたてることができれば自分でも進められます。

スタディサプリはライブ授業ではないので、今でなくてもいつでもいいかなという気の緩みが出てきます。

※2019年4月よりスタディサプリ中学講座に待望の個別指導コースができました!!

スタディサプリのスタンダードコースでは強制力がないのがネックでしたが、個別指導コースでは担当コーチがつき、勉強の計画を立ててくれるので強制力が飛躍的にアップします!

価格は月額9,800円(税抜き)なのでエベレスと同価格です。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。↓

 

 

授業内容の比較

 エベレス

エベレスは進研ゼミの中学講座とは別講座で難関校受験を目指すための講座です。

ライブ授業というのが最大の特徴です。

エベレスは英・数・国の3教科でライブ授業は週に2回の月に8回受けます。

まずは予習ムービー(10分)を見て、理解度チェック(20分)を受け授業のクラスを振り分けられます。(Bクラス:標準的なクラス Aクラス:応用的なクラス Sクラス:ハイレベルクラス※中2の3月から)

その後振り分けられたクラスのライブ授業(40分)を自分で決めた曜日と時間に見ます。

講義の後や見逃した場合は復習ムービーで授業を見れます。復習ムービーは自分が受けたクラスの授業だけでなく全クラスのムービーを見れます。

内容的には基礎がわかっていること前提、合格テクニックを厳選した授業ということです。

エベレスの授業を受けてみての感想

学校で習っているところよりは少し先取りをした学習になります。

受ける授業は決まっているので、今までの勉強についていけていることが前提です。

Bクラス(標準)とAクラス(応用)がありますが、長男の場合は予習でAクラスになったとしても応用だと難しいのでわざとBクラスになるようにしていました。

Bクラスを見てから次に復習ムービーでAクラスを見るとより理解できます。

長男は授業はわかりやすいと言っていましたが、スタディサプリを受けたあとはスタディサプリの方がわかりやすいと言っていました。

チャットをしたりみんなが問題を解くのを待つ時間があったりと、ライブ授業の40分の時間の中には無駄な時間が結構あるなと感じました。

講師はプロの講師というわけではなく、学生のアルバイトの方が多いようなので先生によってわかりやすさに違いが出ます。

スタディサプリ

国語・数学・理科・社会・英語の5教科の小4~高3までの授業を見放題。

基礎講義以外に応用・定期テスト対策講座・高校受験対策講座があります。

1講義は50分前後で講義の最後には確認テストがあり、確認テストまで含めると約1時間ぐらいかかります。

1講義はさらに1コマから6コマほどのチャプターに分かれています。1コマは10分~20分程度です。

講師は最高峰のプロ講師というのが売りです。

スタディサプリの授業を受けてみての感想

さすがプロの講師陣ばかりでとてもわかりやすくおもしろい授業です。

エベレスよりも効率的に大事なところがギュッと詰まっている感じがします。

全授業見放題なので復習にも予習にも使えます。

長男は授業を見てわかりにくいなと感じたことはないようでした。

 

料金とサポート体制の比較

 エベレス

月額10,800円(税込)。

料金には英語・数学・国語の3教科 計8テーマ分の学習サービスとテキスト一式が含まれます。

講義でわからないところはライブ授業中にチャットで質問できるので、すぐにわからないところが解決できます。

講義後でもメールでの質問回答サービスなどのサポートがあります。

スタディサプリ

月額1,980円(税抜)。

1,980円で小4~高3までの全教科・全科目の授業が受講可能です。

テキストは別料金になります。

わからないところの質問回答サービスなどのサポートはありません。

 

両方受講してみての比較と感想

エベレスは料金が高い分、テキスト代が含まれ、ライブ授業という拘束力、サポート体制が充実しています。

スタディサプリは料金が安い分、どの講義を受けるかは本人まかせで質問などができるサポート体制はありません。

実際に受けてみて、長男はエベレスでもスタディサプリでも授業はわかりやすかったので質問をしなければわからないということはなく特にサポート体制は必要ありませんでした。

サポート体制が必要ないとなるとエベレスはちょっと長男には高額だなと感じました。

 

テキスト・問題集の比較

エベレス

f:id:sakurakoman:20180307120800j:plain

テキストは料金に含まれているのであらかじめテキストが送られてきます。

3教科2~3か月分で1冊届きます。

このテキストだけでは問題集としては使えないので必ず授業を見ながら使います。

授業を見ながらのテキストなので問題数は多くありません。

覚えたことをより多くアウトプットをするには進研ゼミ中学講座と併用するか他の問題集を購入した方が良いです。

長男は進研ゼミ中学講座と併用していました。テスト前には市販の問題集も使ってより多く問題を解いていました。

スタディサプリ

f:id:sakurakoman:20180507103204j:plain

スタディサプリのテキストは月額料金には含まれません。

1冊につき1200円(税・送料込)かかります。

★一年間に必要なテキスト例

  • 英語 : 前編・後編の2冊必要
  • 数学 : 1冊
  • 国語 : 1冊
  • 理科 : 1冊
  • 社会 : 歴史 2冊、地理 2冊、公民 2冊 ※社会は1年生から3年生まで使います。

この他に英語の応用のテキスト、定期テスト対策講座のテキストを販売しています。

全教科受けるとテキスト代だけで8,000円~15,000円ほどかかりますが、これは年間のテキスト代です。

エベレスの1か月分の受講料とあまりかわらないので、テキストは購入することをおすすめします。

テキストは購入しなくても無料でダウンロードして印刷できます。

ただし1冊分まるまる印刷するとなると、テキストを買った方がお得な上に手間が省けます。

いちいち受講する前に印刷するところから始めていると、それだけでやる気を失ってしまいかねないので、あらかじめテキストは用意しておいた方がいいと思います。

長男は無料体験中の最初の1~2講義は無料ダウンロードで印刷して授業を受けましたが、続けられそうだったのですぐにテキストを一式購入しました。

こちらのテキストも授業を受けて書き込んでいくテキストです。

問題集としては使えないので、エベレスを退会しスタディサプリに切り替えたあとも進研ゼミ中学講座は辞めずにスタディサプリと併用していました。

テスト前には市販の問題集を使ってより多く問題を解いていました。

 

利用条件の比較

 エベレス

インターネット接続環境にあるチャレンジパッド2、パソコン、ipad

受講してみての感想

長男は進研ゼミ中学講座を受講しているのでチャレンジパッド2でエベレスも受講していました。

チャット機能があるので、チャレンジパッド2での入力はスピードが出ず、なかなかチャットに加わるのに戸惑っていました。パソコンの方がチャットには参加しやすいかもしれません。

あとは通信環境にもよりますが、チャレンジパッド2で受講しているとライブ授業中に音声が聞き取りずらかったり画面が遅くなったり固まってしまったりということがよくありストレスを感じることがありました。

スマホやiPad以外のタブレットでは受講できません。

スタディサプリ

インターネット接続環境にあるパソコン、タブレット、スマホ

受講してみての感想

長男は自分のスマホで授業を視聴することが多いです。

100円ショップで買ったスマホスタンドに立てて見ています。

長男は一番手軽にみられる自分のスマホが一番やりやすいのですが、スマホでは倍速機能が使えません。

パソコンでは倍速機能があるので、テスト前などの時間が限られている時にはパソコンで見ています。

倍速機能は0.75倍、1倍、1.25倍、1.5倍、1.75倍、2倍と速度を選ぶことができます。長男は1.25倍で見ています。

スタディサプリはライブ授業ではないので、動画が固まることもなくスマホで簡単に視聴できるのでストレスはありません。

 

退会後の比較

 エベレス

それまでに受講していた教材(講義のムービーなど)は中学を卒業した年の6月末まで利用することができます。

スタディサプリ

登録・受講データがすべて消えて受講は全くできなくなります。

比較

エベレスは今まで受講した分はそのまま見ることができますが、スタディサプリは1980円で見放題というシステムなので退会すると見れなくなります。

スタディサプリは退会でなく、利用停止という方法もあるのでまた見るかもしれない場合は利用停止にしておくと良いと思います。

 

長男はスタディサプリが合っていました

両方受講してみて、長男はスタディサプリを選びました。

授業のわかりやすさやおもしろさはスタディサプリの方が良かったようです。

長男に今まで使った教材で何が一番勉強に役立ってるか聞くと「スタディサプリ」と即答します。

スタディサプリを使い始めてから内容がよく理解できるようになり、テストの順位も上がりました。

良い時には学年で10位以内に入れるほどになりました。

スタディサプリの授業は数学と英語には応用があり、テスト対策講座など充実した内容でテスト前にもスタディサプリを見て勉強しています。

長男は授業を受けていて特に質問をすることがなかったので、エベレスのような手厚いサポート体制が必要ありませんでした。

スタディサプリは月額1980円という価格でお手頃価格ではありますが、強制力としてはエベレスの方があり、スタディサプリは強制力がほぼないので、自分で計画をして講義を見る癖をつけていかないと1980円という安さでももったいないということになりかねません。

そこは親の声掛けやサポートが少し必要になるかもしれません。

スタディサプリの個別指導コースが新しくできましたので、そちらにするとかなり強制力があります。

価格は月額9800円(税抜き)なのでエベレスと同価格です。

 

どちらの講座も無料体験を実施しているので、まずは無料で受講してみてお子さんに合う合わないを考えてみるのが良いと思います。

長男もエベレスとスタディサプリの無料体験から始めました。

 

 

スタディサプリはお得なキャンペーン実施中です。

↓ こちらから申し込むとキャンペーン特典が受けれます。↓

 

↓エベレスは春の無料体験会をしています↓

EVERES エベレス|進研ゼミ『中学講座』|ベネッセコーポレーション

 

2019年4月よりスタディサプリ中学講座に個別指導コースができました!!

通常のスタディサプリスタンダードコースでは強制力がありませんでしたが、こちらの個別指導コースでは担当コーチが勉強の計画を立ててくれて、質問などにも答えてくれます。強制力が飛躍的にアップし、サポート体制が充実しています。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。↓

 

通常のスタディサプリはこちらで詳しく紹介しています↓