さくらこルーム

アレルギーのある息子たち(高2・小4)の子育て

テスト勉強での親のサポート 中学生の子供の定期テストで成績アップ・やる気アップのために私がしていること

わが家の長男は中学2年生です。

普段はあまり長男の勉強のサポートはできていませんが、テスト週間には色々と手伝っています。

親が子供の勉強に関心を持って関わっていくことで成績アップ・やる気アップにつながっているのではないかなと思います。

今回は現在中学2年の長男のテスト勉強のサポートを私がどこまでやっているかを具体的にお教えしたいと思います。

 

テスト2週間前 計画表作りのお手伝い

テスト2週間前にはテスト範囲が書かれたプリントが学校から配られるので、テスト範囲がわかったらすぐに一緒に計画表を作ります。

自分できちんと計画が立てれる子なら手伝う必要はありませんが、もし勉強しなくて困っているというならば計画表づくりからまずお手伝いしてみてはどうでしょうか。

何をどれくらいいつまでに勉強すれば良いかというのがわからないから勉強に手をつけられないという子はたくさんいると思います。

計画をたてることによって何を勉強すれば良いのかがはっかりわかるので、少なくともやみくもに「勉強しなさい」と言うよりはいっしょに何をどれくらい勉強するかを考えてあげた方が良いと思います。

長男は計画表をしっかり作っておけば、その計画は比較的守ろうとする真面目なタイプなので、計画表はとても有効です。

中学1年生の初めてのテストの時には二人で色々考えながら計画表を作っていたら計画表を作るだけで2時間近くかかってしまいましたが、今では1時間もかからないぐらいでしっかりした計画表を作れます。

具体的な計画表の作り方

f:id:sakurakoman:20181026145637j:plain

まずはテスト前の2週間にどれくらい勉強時間が確保できるか考えます。

長男の場合は平日は1~2時間、土日祝は4~5時間ぐらいを目標にしています。

曜日によっては習い事やどうしても見たいテレビがあるので、そういう日は少なめにして何もない日は多めにします。

そして平日は2~3教科、土日は4~全教科プラス実技教科をやるようにします。

テスト週間前半は学校のワークを中心にワークの〇ページから〇ページまでと計画表に書きます。

私は計画表にワークP. 〇~〇までと書き込むのを手伝っています。

どこまでやったら区切りがいいかは私にはわからないので、長男が学校のワークや教科書をみて勉強量を決めていきます。

なるべく学校のワークは前半1週間から10日ぐらいで終わらせるようにします。

テストが近くなってくると復習や問題集の見直しの時間にあてて計画に余裕を持たせています。

二人で協力して計画表をつくると1時間ほどでしっかりした計画が立てれるので効率が良いです。

計画表は子供だけで作ると意外と大変でどのように作成して良いかもわかっていないことがあり、いいかげんに作ってしまいます。

計画表をしっかり作っていくことで勉強の効率がだいぶ違ってくると思います。

学校のワークや問題集のコピー

f:id:sakurakoman:20181122112924p:plain

テスト範囲のプリントをもらったら、テスト範囲のところの学校のワークと家で問題集として使っている教科書ワークをコピーします。

長男の学校では学校のワークはテスト範囲のところを終わらせてテスト当日までに課題として提出する形になっています。

できればテストまでに2回は繰り返して問題を解きたいので、長男が書き込んでしまう前にコピーしておきます。

一度目の勉強でワークに直接書き込み、課題提出に備え、コピーしたものはテスト前日などにもう一度解きなおします。

コピーはなかなか面倒な作業なので、私がコピーしています。

学校のテストは何と言っても学校のワークから出題されることが多いです。なので、学校のワークを中心にテスト勉強しています。

さらに違う角度からの問題にも慣れるように教科書完全準拠の「教科書ワーク」を全教科購入しています。

テストの範囲を毎回コピーして使っています。こちらもコピーは私がしています。

問題集をコピーするのはなかなかの作業で、コピーするのが面倒な場合は直接書き込んでもいいかもしれません。全部書き込んでしまっても、またもう一度やりたい場合はもう1冊買えばいい話ですから。

答えを書き込まずに別のノートや紙に書いて何度も解くというやり方もあります。

ただその方法は長男には面倒なようです。問題とノートが別になってしまうと、照らし合わせる作業が面倒になります。少しでも勉強の効率が上がればと思いうちはコピーして使っています。

コピーをしている利点は、

  • テストの範囲だけコピーしているので、やるべきところがすぐわかる。
  • 学校に持っていくときにテスト範囲のところだけ持っていけば良いのでかさばらない。

コピーするのはとてもおすすめなのですが、本当にとても面倒です。

学校でも長男は隣の席の女の子に

「問題集をお母さんが全部コピーしてくれるなんてすごいね」と言われたそうです。

私の場合は

「そうだよ~、こんなにコピーしたり、丸付けしたりしてくれるお母さんなんて他にいないからね」と言っておきました。

長男の場合は私が色々やってあげるとそれに応えてくれようとするのでやる気につながっているようです。

ですが、あまり恩着せがましくなってしまうと、逆にやる気をなくしかねないので、

「せっかくコピーしたんだから全部やりなさい」とかは言わない方がいいかもですね。

あくまで私が勝手に手伝っているというスタンスです。

そうしないと親も貴重な時間を割いてコピーしてあげたのに・・・とムキになり疲れてしまいます。

コピーしてもできなかったものは、また受験の時にでも使えばいいやぐらいの考えでやってます。

 

↑私がコピーしている市販の問題集はこちらのシリーズです。学校のワークが終わったら、この「教科書ワーク」を一通り解いています。

※教科書完全準拠なので、必ず学校でお使いの教科書の出版社の教科書ワークをお買い求めください。

問題集の丸付け

f:id:sakurakoman:20181122104929j:plain

小学校低学年じゃないんだから丸付けぐらい自分ですればよいのではと思いますよね。

自分で丸付けをした方がもう一度答えを確認できるし、間違えた問題をすぐに確認できるので良いと思います。

時間があるときは長男も自分で丸付けしています。

問題をいっぱい解いていて時間がないとき(テストの前日など)や問題を解くのが2回目の場合は私が丸付けをすることがあります。

親が丸付けをする利点はミスを見つけてあげれることです。

子供って結構適当に丸付けしてるんですよね。

漢字の間違いなんてずっと間違えたまま書いています。

あってると思い込んでいるので漢字の間違いに気づかないことが多いんです。

他には英語のスペル間違いなど。

そういうのを別の人が丸付けすることによって気づいてあげれるんです。

テストでのケアレスミスを防げます。

丸付けしていて何度も漢字間違いは見つけているのでたまには丸付けを手伝ってみるのはおすすめです。

わからない問題を教えてあげる

f:id:sakurakoman:20180307124318p:plain

時には家庭教師のかわりをします。

数学や理科などでわからない問題の考え方の解説をします。

これは、小学生ぐらいまでは私でも対応できていたのですが、中学生になると難しくて解答を見て解説を読んでも私ではわからない問題も多いので、そんなときは旦那さんにお願いしています。

旦那さんは理系出身なので今のところ問題なく教えてくれています。

わからないから、忙しいからと突っぱねて学校の先生にでも聞きなさいとしてしまうと、うちの長男の場合は先生に聞きに行ったりするようなタイプではないので、そのままになってしまいます。

せっかく子供がわかりたいと思っているのに、何もしてあげないのはもったいない。

今はネットで検索すると似たような問題が載っていることもあるので、なるべくその場で時間をかけてでも解いて考え方を教えたりしています。

数学は解けると結構爽快で楽しいので、最終的にわからない場合は旦那さんにお願いしますが、私も頑張って解いてみてます。

勉強時間とテストの点数の関係

勉強時間を増やすとテストの点数も比例して上がる傾向にあります。

多少の効率の違いはあれど、点数の良い子はそれだけ勉強しているということです。

ラクをしてすぐに成績アップというような魔法はありません。

定期テストで良い点数を取るにはある程度時間をかけて勉強をする必要があるという現実を受け止めて本人が努力していかないと成績アップは望めません。

 勉強は長い時間した方がテストの点数もアップしますが、長男は一夜漬けのようなことはしません。

 夜遅くまでダラダラと勉強はさせず、二男といっしょに遅くとも10時までには寝るようにしています。

その方が勉強したことが頭によく入るみたいです。

さいごに

親ができるのは効率よく勉強するためのサポートをしてあげることぐらいです。

勉強して覚えるのはあくまで本人ですから。

勉強なんて子供はできればしたくないと思っています。

勉強が好きなんて子はなかなかいません。

嫌な勉強をするときに色々と煩わしいことがあっては、さらにやる気をなくしてしまいます。

余計なことに時間を取られて勉強の効率が下がるのはもったいないです。

そして案外何を勉強すれば良いかわかっていないということもあります。

学校のワークのコピーや教科書ワークを用意してあげて、何をどこまで勉強したらよいか導いてあげることも必要です。

ちょっとでもスムーズに勉強する環境が整うように私ができることをサポートしています。

普段はあまり勉強しない長男ですが、テスト2週間前にしっかり勉強しているのでテストの結果は良い方です。

テスト期間だけでも、親がサポートしてあげると勉強の効率がグッと上がって成績も上がると思います。

中学生なんだから、一人で計画して一人で勉強すればいいって思うかもしれません。

それができている子なら何の問題もないと思います。

でも、うちの子は全然勉強しないとかテストの点が悪くて困っているとかならば、塾や家庭教師もいいですが、まず親が勉強に興味を持ってあげて協力できることがあればやってみるのも良いのではないかなと思うんです。

「勉強しなさい」と言うだけよりは、一緒にテスト勉強の計画をたてたり、丸付けしたりしたりして関わってあげるだけでも、案外子供のやる気がでるんじゃないかなぁと私は思います。

※あくまで個人の意見です。

 

 ↓テスト勉強についてはこちらの記事でも紹介しています。