さくらこルーム

アレルギーのある息子たち(中2・小1)の子育て

【中学生の勉強方法】テスト勉強はスタディサプリ・進研ゼミ・教科書ワークを使って~塾には行かず家庭学習のみ

f:id:sakurakoman:20180529115044p:plain

こんにちは、さくらこです。

今回は長男のテスト勉強の仕方です。

5月16日、17日に1学期の中間テストがありました。長男(公立中学2年)の場合のテスト勉強への取り組み方を紹介したいと思います。

他の子はテスト勉強ってどんな風にしてるのかな?というのは気になりますよね。

どれくらい勉強して、どれくらいの成績なのかな?という一つの参考にしていただければ幸いです。

あくまで長男の場合です。決してこうすれば必ず順位が上がるというような必勝法ではありません。

長男はスタディサプリと進研ゼミを使っています

長男は塾には行かずに家庭学習のみです。普段は進研ゼミスタディサプリで勉強しています。

長男はどちらかというと要領が悪い方です。勉強が好きという訳でもなく、勉強よりゲームや漫画が好きな中学生です。

部活はパソコン部です。

朝、土日、長期休暇は部活がなく、普段の部活時間も短いので、運動系の部活動に比べると比較的勉強時間は確保しやすいです。

二男(小1)がいるため、夜は9時半ごろに家族全員で寝ることにしています。

テスト週間の間も遅くとも夜10時までには寝ていました

テスト2週間前にテスト勉強の計画表をつくる

テストの2週間から10日前ぐらいまでにテスト範囲のプリントと計画表が配られます。

計画表は平日は2~3教科で2時間ぐらいでできる勉強の量、土日は全教科で5時間ぐらいの勉強時間を目安にして計画をたてます。

計画表には教科書のページ、学校のワークのページなどやるべきことを具体的に書き込んでおきます。計画表のさいごの方は復習や問題集をやる時間にしておきます。

この計画表づくりは面倒なのですが、長男にとってはとても有効です。

長男は計画に余裕があっても計画以上のことはしようとしませんが、計画表に書いてあることはなんとか遅れずに進めて行こうと頑張ります。

その日に今日は何をやろうと考える手間も省けるので、結局は順調に勉強がすすんでいきます。

勉強前の下準備

1.学校のワークをコピーする

テスト勉強を始める前の下準備として、学校のワーク(問題集)を問題を解いてしまう前のまっさらの状態でコピーしておきます。

コピーはなかなか面倒な作業なので、子供にはやらせていません。私がコピーしています。

1年生の時にはコピーしていなかったのですが、2年生になってやはり学校のワークを中心に勉強した方が良いと思い、今回からコピーすることにしてみました。

長男の学校では学校のワークはテスト範囲のところを終わらせてテスト当日までに課題として提出する形になっています。

一度目の勉強でワークに直接書き込み、課題提出に備え、コピーしたものはテスト前日などにもう一度解きなおします。

学校のテストは何と言っても教科書やワークから出題されることが多いです。なので、教科書・学校のワークを中心にテスト勉強しています。

2.市販の問題集をコピー

f:id:sakurakoman:20180307120911j:plain

教科書完全準拠の「教科書ワーク」を全教科購入しています。

教科書ワークは1年生の2学期期末から購入するようになりました。

うちはテストの範囲を毎回コピーして使っています。こちらもコピーは私がしています。

問題集をコピーするのはなかなかの作業で、コピーするのが面倒な場合は直接書き込んでもいいかもしれません。全部書き込んでしまっても、またもう一度やりたい場合はもう1冊買えばいい話ですから。

答えを書き込まずに別のノートや紙に書いて何度も解くというやり方もあります。

ただその方法は長男には面倒なようです。問題とノートが別になってしまうと、照らし合わせる作業が面倒になります。少しでも勉強の効率が上がればと思いうちはコピーして使っています。

うちがコピーをしている利点は、

  • テストの範囲だけコピーしているので、やるべきところがすぐわかる。
  • 学校に持っていくときにテスト範囲のところだけ持っていけば良いのでかさばらない。

といったところです。

デメリットはとにかくコピーが面倒くさい。大量に紙とインクが必要というところです。

↓こちらは長男が使っている市販の問題集の「教科書ワーク」シリーズです。教科書完全準拠なので、必ず学校でお使いの教科書の出版社の教科書ワークをお買い求めください。

 

具体的な勉強方法

テスト週間の前半

前半の勉強はテスト範囲を復習します。

まずはスタディサプリでテスト範囲の講義を受けます。

その後、同じ範囲の学校のワークをします。

さいごに、進研ゼミの暗記アプリで用語を確認します。

テスト週間の後半

後半は 問題集を中心にアウトプットに徹します。

コピーをした教科書ワークをやります。そして、その後学校のワークのコピーをやりました。余裕があれば進研ゼミの暗記アプリで苦手なところを再確認。

これで、テストまでに学校のワークを2回、教科書ワークを1回やることができます。この方法でかなり学習内容が定着します。

テスト期間の勉強時間

平日は約2時間 土日祝は約4~5時間 夜10時までには就寝

休憩しながら勉強していました。

テストの結果は

中学2年の中間テストの結果は300人中20番以内に入ることができました。中学に入って一番良い順位です。

点数的には5教科の平均は約87点、特に点数が低い教科はありませんでした。

テスト期間中は長男はとても頑張っていたので、結果が出て良かったと喜んでいます。

中学に入学して以来、長男のテストの成績はずっと上がってきています。勉強方法の要領が少しずつ良くなっているように感じます。

長男がテスト勉強で使った教材と、今までの順位です。↓

      順位 学校の教科書・ワーク以外の教材
中学1年 一学期 中間 50番以内 進研ゼミ
期末 50番以内 進研ゼミ
二学期 中間 40番以内 進研ゼミ
期末 30番以内 進研ゼミ
教科書ワーク
三学期 学年末 30番以内 進研ゼミ
教科書ワーク
中学2年 一学期 中間 20番以内 進研ゼミ
教科書ワーク
スタディサプリ

 中1の2学期期末から市販の「教科書ワーク」をプラスしたことでまず順位が上がりました。そして、中学2年になって「スタディサプリ 」をプラスしたことでも、勉強の理解度がぐっと上がったと思います。

長男本人もスタディサプリはわかりやすくて一番役立っていると言っています。

14日間無料お試し期間があり、月々980円ととても始めやすい価格なので一度試してみるとよいと思います。

↓↓家庭学習で一番のおすすめはスタディサプリ です。↓↓

2017/12/5 23:12

さいごに

さらに上を目指していくのはかなり難しいと思いますが、勉強した分だけ結果が出てきていることで、長男はテスト勉強のやる気が出てきています。

この調子で頑張っていってほしいと思います。

何よりも、コツコツと続けていくことができるところがすごいなぁと我が息子ながら感心しています。

正直、私が中学2年生の頃はテスト週間に長男のようには勉強していなかったと思います。私に比べたら、かなり勉強しているので、その結果だと思います。

塾には行っていないので、問題集のコピーや家でスムーズに勉強できる環境作りなど私ができることはこれからもサポートしていこうと思っています。

 

スタディサプリを使った勉強方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しています↓

最後まで読んでいただきありがとうございました。